旭川の不動産 株式会社プライムアセット任意売却・債務整理のご相談について



不動産無料査定いたします!(条件によっては買い取りも行います)

旭川市エリアの不動産売却なら「旭川の不動産 株式会社プライムアセット」へおまかせください!

任意売却とは
通常住宅ローンの債務者が支払い困難になったとき、抵当権を実行し不動産を競売にかけます。
任意売却は競売にかかる前に借りている金融機関(債権者)と合意の上、売却してしまうことです。
担保に供した不動産を売却するにあたり主に不動産業者または司法書士・弁護士が売却についてのお手伝いをいたします。
尚、媒介する不動産業者等は債務者側で決めることができます。
売却した金額をローン残債に補填しても、なお残った残債については、競売・任意売却にしても基本的に債務者は支払いを逃れることはありません。但し支払い方法については現状の生活状況・家計の収入と支出などを債権者に報告し協議いたします。
任意売却のメリット
競売の価格は任意売却よりも安く取り引きされるため残った残債を支払う債務者としては非常に不利になります。
任意売却によりなるべく高く不動産を売却し残債に、より多く補填できます。
現在入居している債務者の退去に関しても任意売却であれば、立ち退き日の相談・引越代などの交渉も可能です。
競売のデメリット
競売は任意売却の価格より2、3割安いことがほとんどなので、売却後債務者が支払う残高が多くなります。
また、公的な競売であるから裁判所を通じ誰でも物件情報を見ることができるため、近所に競売の事実を知られてしまったり不動産業者が頻繁に訪れるケースがあります。
落札後、裁判所の引き渡し命令により、執行官による一方的な強制立ち退き(強制執行)が可能になります。
執行官は、異議申し立てなど一切受け付けません。
当然のことながら、連帯保証人がいる場合、競売後の不足分(残債)が、連帯保証人に請求されることもあります。
仮に連帯保証人がその請求を支払え無い場合、連帯保証人が所有している不動産も競売にかかる可能性があります。
任意売却にかかる費用
不動産業者が媒介いたしますので媒介手数料はかかります。

< 媒介手数料の計算方法 >

物件価格の3%+6万円+消費税(売却価格400万円超の場合)
その他、抵当権抹消費用・美装代・場合によっては退去費用等です。
しかし、売却に関わる費用は売却価格より精算されますので、基本的には直接債務者が費用を用意することはありません。

ご相談されるタイミング
※住宅金融支援機構より「最終通告」がきている
※住宅ローンの支払いが延滞しがちになりこれ以降も支払えないと思われる
※住宅ローンの債権者より「期限の利益の喪失通知」が来ている方
※多重債務(カードローン・サラ金)により、住宅ローンの返済を滞納しがちでお困りの方
※会社の倒産やリストラ、家庭の事情などで、今後の住宅ローンの返済が見込めない方

人気物件の最新空き情報、HPに掲載できない非公開物件情報をお知りになりたい方は、

0166-85-6587

「プライムアセットのHPを見た」とお伝え頂けるとスムーズです♪

お問合わせフォームはこちら