旭川の不動産 株式会社プライムアセット 不動産売買契約の流れ



■ 不動産売買契約の流れ

不動産売買契約の流れをご紹介します。

1.物件の査定依頼
複数の業者に査定してもらったほうが、客観的に判断できます。

査定価格とは、
通常の営業活動で3ヶ月程度で売却が可能な価格のことです。

当社には顧問税理士、顧問弁護士がおりますので万が一トラブルが起きた際にも安心して取引していただけます。
条件によっては買い取りも行いますので、どうぞお気軽にご相談ください。
プライムアセットの無料不動産査定はこちら

2.売却価格の決定
査定価格を参考に決めます。
3.不動産会社の選択
1社だけに依頼するか、複数社に依頼するか
査定価格とは、通常の営業活動で3ヶ月程度で売却が可能な価格のことです。
4.媒介契約の締結
専属専任媒介契約・専任媒介契約は、1社のみ売却を依頼する契約
一般媒介契約は、複数の業者に売却を依頼する契約
5.不動産会社の営業活動
新聞広告・チラシ・情報雑誌など広告をしてもらいます。
6.現地案内
購入希望のお客様に見ていただきます。
7.売買条件の交渉
購入者の希望条件の検討(引渡し時期、価格等)
8.売買契約
売主・買主が売買条件で合意になれば、売買契約となります。
通常、売主・買主ともに、不動産業社の事務所で売買契約書の説明をうけ、売主は、買主より契約手付金(代金の10~20パーセント程度)を受領し、署名・捺印して契約は成立します 。
9.残金決済と物件の引渡し
売主は、権利証・実印・印鑑証明・住民票等が、必要になります。
買主は、残金と諸費用(仲介手数料・登記料・保険料・ローン保証料等)が必要になります。
売主は、買主より残金を受領して、買主に家のカギを引渡し、取引は終了です。

人気物件の最新空き情報、HPに掲載できない非公開物件情報をお知りになりたい方は、

0166-85-6587

「プライムアセットのHPを見た」とお伝え頂けるとスムーズです♪

お問合わせフォームはこちら